2011年06月20日

【7/2】も!←【5/21】大西暢夫 福島被災地取材報告会 (岐阜池田町)

5月の講演からひと月半。7月2日にふたたび、地元池田町で講演。さらに取材を重ねた模様が聞けます。
大西暢夫 福島取材報告会
日時:7月2日(土) 14:00〜16:00
場所:ブルースカフェ(岐阜県揖斐郡池田町八幡2579-3)
電話:0585-45-1950
(入場料2000円。全額、義援金とするそうです。)
http://www.geocities.jp/xmfxf550/


↓ 以下は5月の記事です。↓

 かつて余呉で「水になった村」上映会をやって以来、その監督であり本職カメラマンの大西暢夫さんとはメル友(笑)の仲です。そんな彼から緊急の告知が回ってきました。

 彼は先の震災と原発事故以来、数度に渡って福島に取材に行かれました。その取材先で見たこと撮ったものの報告会を、急遽来週行うとのことです。

大西さんと滋賀の方々とは、この映画「水になった村」よりも、
・アウトサイダーアート関連での撮影や、
・湖南市の老人福祉施設での「明るい遺影」撮影会(NHKで見た人も多いのでは?)
などで、知っている方も多いようです。

さて、その報告会の詳細です。

大西暢夫 福島取材報告会
日時:5月21日(土) 14:00〜16:00
場所:ブルースカフェ(岐阜県揖斐郡池田町八幡2579-3)
電話:0585-45-1950
(入場料2000円。全額、義援金とするそうです。)
http://www.geocities.jp/xmfxf550/

詳細は下記ページの中段ほどに載ってます。
http://www.geocities.jp/xmfxf550/sub10.html
滋賀南部からは遠いですが、湖北湖東辺りからは割と足を運びやすいところですよ。お時間ある方はぜひ。


大西暢夫プロフィール
1968年東京に生まれ、岐阜で育つ。東京綜合写真専門学校卒業後、写真家本橋成一氏に師事。その後、フリーのカメラマンとして独立。2003年『おばあちゃんは木になった』(ポプラ社)で第8回日本絵本賞受賞。著書に『僕の村の宝物』『水になった村』(ともに情報センター出版局)、『分校の子供たち』(カタログハウス)、『ひとりひとりの人』(精神看護出版)、『徳山村に生きる』(農文協)、写真集『アウトサイダー・アートの作家たち』(角川学芸出版)、共著に『山里にダムがくる』(山と渓谷社)、『花はどこから』(福音館書店)。2007年、映画監督作品『水になった村』で第16回地球環境映像祭最優秀賞受賞。ライフワークとして、日本全国のダムに水没予定の村や、精神科病棟に長く入院する人々の取材を続けている。

そうそう!この「ぶた にく」っていう作品、昨年の「小学館児童出版文化賞」につづき、つい先日「産経児童出版文化賞」を受賞しました。おめでとうございます。
posted by 野良師 at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 県外のおすすめ催事

2010年01月18日

【1/30】食育セミナーin同志社大

 「食卓の向こう側」というブックレットがあります。西日本新聞の取材連載を元にした本で、食や農、そして家族のあり方や暮らしということに鋭く切り込んでいます。
 ブックレットなので、テーマごとに一冊ずつに分かれていて、興味あるところから読めるし、はじめて食育などに興味を持った方への入門書として最適で、おすすめしてます。


→「食卓の向こう側」全シリーズはこちらをクリック。

 例えば、この↑本のテーマは「命」。食と体、命との関係に焦点を当ててます。しかも表紙の写真は、弁当用に作られた加工ゆで卵。金太郎飴のようなどこを切っても黄身が出てくるという、気味の悪い食べ物です(←シャレですw)。

 ちなみに、西日本新聞新聞のサイトでも「食卓の向こう側」の連載は読むことができます。
 http://www.nishinippon.co.jp/shoku/

 そんな「食卓の向こう側」の編集委員、佐藤弘さんを招いて、食育セミナーが開かれます。友達の友達が主催されたというご縁で知りました。足を運んでみようと想います。

-------------------------------------------------------
  「元気な命をつなぐ会」食育セミナー

<開催日時> 2010年1月30日(土)13:00〜16:30
<開催場所> 同志社大学・教室未定
<参加人数> 100名
<講  師> 第1部『「食卓の向こう側」に見えるもの〜なぜ今食育なのか〜』
    佐藤 弘氏(西日本新聞社・編集委員)
  第2部『元気な命をつなぐために』
  コーディネーター 佐藤 弘氏(西日本新聞社・編集委員)
  パネリスト 中尾慶子氏(聖和女子学院・講師)
    安田 曜氏(京都市立池田東小学校・校長)
    升光泰雄氏(夢窓幼稚園・園長)
    楠本貞愛 (元気な命をつなぐ会・会長)
<次  第> 12:30 受付開始
  13:00 開会
        主催者挨拶、主旨説明
  13:20 第一部(講師講演)
  14:50 休憩
  15:00 第二部(パネルディスカッション)
  16:30 閉会

-------------------------------------------------------

 詳しくは「元気な命をつなぐ会」のホームページを参考にしてください。
 
posted by 野良師 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 県外のおすすめ催事

2009年01月12日

The Den-en Dream

 昨年、我が田んぼに東京から頻繁に訪れてくださった方々が居ます。
 写真家のMotokoさんとライターの井上英樹さんのお二人です。滋賀県に興味を持たれ、そして農業に興味を持ってくださって、縁あって足を運んでくださいました。

 うち以外に、湖北町や高島市の若手農家のところへも足を運び、それらを京都のギャラリー shin-bi にてまとめられました。現在、展覧中。展示のみならず、アーティスト(あの青柳拓次さん!)のライブなどもありますよ。

 写真はぼくの写真もあるとか無いとか?余呉の写真もあるとか無いとか?
 残念ながら、ぼくは酒蔵の仕事のため、足を運べそうにありません・・・。残念!

 *******************************
 2009年1月9日fri.-2月1日sun.
 "The Den-en Dream”
        滋賀の田園を歩いて見たこと
   MOTOKO(写真)+井上英樹(テキスト)
    motoko_dd.jpg
 *******************************

 詳しくは shin-bi のWEB SITEを。(shin-bi は京都精華大の運営するギャラリーで、四条烏丸にある COCON烏丸 内にあります。)
posted by 野良師 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 県外のおすすめ催事

2008年07月15日

【8/2】真夏の夜のジャズ

 先日の佐藤初女さんの講演会で出会った方々がコラボ(?)して、夏の夜にコンサートを開催することになりました!嬉しい出会いってたくさんありますね〜!
 この鮎ちゃん、好い声してます!ちっちゃい(失礼!)身体からよくもまあ(笑)。

*****************

「天使が舞う〜真夏の夜のジャズ♪in Well bean cafe」

出演:Vocal,木原鮎子 Piano.大野綾子
詳細はコチラ
posted by 野良師 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 県外のおすすめ催事